Home

大野俊三ライブ・レポート

img_0947

 

 しかし、世の中で何が恐ろしいかというと思い込み、先入観、予断と偏見だ。この当たり前のことを今回のライブで思い知らされた。過日、宮崎国際ジャズデイの会議が終わって、さあ帰ろうとしていた時に実行委員長から全員ちょっと待ったの声がかかり、大野俊三というニュー・ヨーク在住のトランぺッターの来日公演があると聞かされたのは9月の下旬。場所はロックやブルース系のライブが多いニュー・レトロ・クラブ。ここは想い出の多いライブハウスで、学生時代に大好きだったバンドであるウシャコダの藤井君、恵副君(リトル・ジャイブ・ボーイズとしての来宮)の演奏を多分四半世紀ぶりに見た場所だし、こちらは何故か学生時代にライブを見る機会が何十回とありながら見逃していた(レイジー・ヒップをバックにしていた時に演奏が終わるちょっと前に銀閣寺のライブハウスで見たことはあったが)加川良のライブを2回見た場所でもある。そうそう、やはりニュー・ヨークに修行に行っていた地元の歌姫兼ユーフォニュウムプレイヤーの香月保乃を初めて見たのもここだった。おっと、今は亡き塩次伸二とウィーピング・ハープ妹尾のスペシャル・バンドもここで見た。ライブの後、楽屋で伸ちゃんにサインを貰い、大学の後輩だと名乗ったときの伸ちゃんの驚きようはなかったな、などという話はネバー・エンディング・ストーリーになるのでやめておく。もっとも最近の僕の悩みはウェスト・サイズ・フトーリーではあるのだが、ってこらこら場所をわきまえるように。ああ、良心様ポン(by 天才明田川)。

 話が大きくそれたので、元に戻る。そういえば、昔、よく学校の先生、体育の先生が多かったけど、元に戻すことを「もといっ!!」と大きな声で言っていたが、あれは軍隊擁護用語だったのだろうか。などと考えだすとまた脱線するので、ここは大きな声で「もといっ!!」。ええと、要するに物事に先入観を持ってはいかんという話である。

 大野俊三のライブに行くことになったはいいが、どんな音を出す人か事前に調べることを予習という。だいたい予習をしっかりやっておくと授業中に何かあってもたいていクリアできる。しかし、予習をしたことで油断をして肝心の授業を聞き洩らすと試験でいい点数は取れない。いや点数よりも授業内容の理解が浅くなる。それはさておき、大野俊三のサウンドは、先だっての会議の終わりに実行委員長がちらっと聴かせてくれたが、お、いかにもメロディアスなラッパだなと思ったくらいで特に強い印象はなかった。いや、実はつい最近トランペットでは痛い思いもしていたので、それで事前にあんまり調べようという気が起こらなかったのだが。

 その痛い思いというのは、あれは毎月ではないと思うのだが、市立図書館のAVルームで時々レコードコンサートが行われる。高校の同級生であるY尾君から、その情報を教わり、最初に聴きに行ったときはジャズの入門編という形で、ビッグバンドからビバップ、ハードバップ、フリージャズと時系列に聴かせてもらった。演奏も選曲もなかなか渋くて、ヘレン・メリルとクリフォード・ブラウンのあの歴史的名盤から、あえて「ユードビーソーナイス」を外したのは、後でアート・ペッパーでかけるための布石だったなどと、聞き手を喜ばせる仕掛けも満載の楽しいイベントだった。真空管アンプにスピーカーも存在感がありすぎるくらいの重量級。いや楽しい2時間だった。そして、その続編がトランペット特集として後日行われた。前回がとても楽しかったので、今回も大いに期待して行ったのだが…。あの、ですね、トランペットを、様々なプレイヤーで2時間、延々と聴かされると、これは苦行以外の何物でもない。モノラルの時代からステレオの時代に入り、まあマイルスのあたりまでは楽しかった、それから先は、頼む、もうパツラは勘弁してくれ、おい誰かピアノ・トリオを流す心優しき人間はいないのかと半分泣きながら聴いた2時間ちょっと。しばらくトランペットはいいと思った。

 そうはいうものの、宮崎国際ジャズデイのHPにもライブの告知をした以上、しっかり聴いてライブレポートをアップするのが人の道。もちろん予備知識なしで、全く白紙の状態でライブに臨むのもいいが、告知のエントリーをアップするのに、やはりどんな音を出すのか、YOU TUBEで探して直近のアルバム『月の光』の動画をブログに貼った。その時に何曲か聴いてみたのだが、イメージとしてはベニー・ゴルソン風の、アイ・リメンバー・クリフォード的なミュートを効かせてバラードをせつせつと吹く印象だった。余談だがタモリの名言にアメリカ人相手に「ユー・リメンバー・パールハーバー、バット、アイ・リメンバー・クリフォード」という名言がある。いつかロイクでもロイシでもいいが、モノホンのヤンキーと一緒に酒を飲む機会があったら僕もかましてみたい(笑)。

 さて、当日。ライブ前の景気づけに地元で有名なセンベロ酒場、高砂でY尾君と待ち合わせ、生ビール片手にざる豆腐、鳥のもも焼き、卵焼き、あんかけ焼きそばなどをつまみに、もちろん黒霧のロックも頂きながらウォーミングアップ。時計を見たら19時を回っていたので慌ててニュー・レトロ・クラブに向かった。会場に入ると、すでに実行委員長や副委員長、その他の委員の方がいたのでごあいさつ。どうもどうもいやどうも、いつぞやいろいろこのたびはまた、まあまあひとつまあひとつ、そんなわけでなにぶんよろしく、なにのほうはいずれなにして、そのせつゆっくりいやどうも(by 高田渡)。しかし、予想以上にお客が少ない。ざっと見て20数名だろうか。最前列のテーブルはすべてエンプティである。こういう場合、我々は常に一番前の席を取る。音響うんぬんよりも、つねに最前線でプレイヤーを注視することこそ、ライブの醍醐味、ライブの現場参戦の意義があると勝手に思い込んでいる。

 元ディスコだっただけに、天井でミラーボールは回るし、演奏前のBGMに寺尾聰の「ルビーの指輪」が流れたりする。まあ、あの曲は天才ギタリスト今剛が参加しているので許す。次はインストでビートルズナンバーが流れる。今からジャズのライブが始まるという雰囲気ではあまりない。それでも時間になったら、プレイヤーがステージに登場。バンマスの大野俊三の年齢は事前にチェックしていたが、バックのミュージシャンが全員若いのにちょっとクリビツ。簡単なMCの後、演奏が始まる。オープニングはジョージ大塚のグループにいたとき、彼がまだ若手時代の曲、「ゴー・オン」。うん、いい感じの滑り出しだ。

やはり、ミュートを駆使したバラード系が必殺技だなと思いながら見ていた。何しろ、同様の「おぼろ月夜」をしっとり噴き上げるし、彼のオリジナルの「Alone, not Alone」、同じく「easy does it」。などが続く。途中のMCも演奏者の人間性を表すような落ち着いたもの。あ、この人は人が良くていろんなミュージシャンに好かれたんだろうな。それでアート・ブレイキーやギル・エバンス、ウェイン・ショーター、ラリー・コリエルなどのバンドやレコーディングに誘われたんだろう、などと考えていた。しかし、ジャズの本場、ニュー・ヨークで生き残るには単なる人間性だけではないという当たり前のことをすぐに知らされる。宮本武蔵の生涯をテーマにした曲、「MUSASHI」で彼の凄さを見せつけられる。ちょっとフリー・フォームな力強い演奏に一発でやられてしまった。Y尾君は「これは80年代ブルー・ノートの音だ」と興奮して口走っている。

 バック・ミュージシャンの紹介を忘れていた。キーボードは野力奏一。1957年生まれ。ジョージ・川口、本多俊之、山下達郎などのツアーに参加。その後はナベサダ、ヒノテルという日本のジャズシーンのレジェンド達のツアーにも参加している。なんとナベサダのあのラジオ番組「マイディアライフ」の音楽監督!!バラードで印象的なフレーズが多々あるのだが、この日はサウンドのバランスがあまり良く無く、音が小さく聞きにくいところがあった。MOTTAINAIとは、こういう時に使う単語だとワタクシは確信しています。ベースは1990年生まれの古木佳祐。若いなぁ~。バンマスの大野俊三とは過去にもセッションしており、本日もバンド全体をしっかり支え、それでもソロはきっちり取り、その存在感は、さすが「若き天才ベーシスト」と呼ばれるだけある。そして、なんとドラムは最年少の山田玲、なんと1992年生まれだ。ん、ちょい待ち、てことはベースとドラムは平成生まれだ!!!うーん。以前、宮里陽太のバックをしていたドラマーの海太郎も中学卒業後そのままプロになって驚いたが、この2人も若いだけでなく確かなテクニックと歌心を持っている。

今回のライブで、もちろん大野俊三のトランペットの凄さをしみじみ味わったのだが、もう一つの大きな収穫は、やはりドラムスというのは20世紀の音楽シーンで最高の発明だったという、これまた当たり前のことだった。この山田玲、なにしろ最初から最後まで叩きっぱなし。ドラムだから当然と思われるかもしれないが、いやそのパワフルさ、リズムの細かさ、そしてバンド全体をスィングさせる力。これはもう文句なし。途中でタムやハイハットを手でたたくしぐさが、どこかで見たなと記憶をたどっていって分かった。あの本田“ボンゾ”珠也のスタイルだ。受付でもらったパンフレットを見ると、やはりタマヤ氏に師事(他には猪俣猛、ジーン・ジャクソンなどにも師事)し、18歳でプロ・デビューとあった。よし、オレの耳は間違ってないと、ちょっとうれしかったな。

 あっという間に2セット終了したが、観客から熱いアンコールの拍手が続く。20数名の客とは思えないくらいの熱く力強い拍手。再度、ステージに上がり演奏した曲は「Bubbles」。初めてニュー・ヨークに渡ったものの、仕事もはかばかしくないし、私生活も上手くいかない。落ち込んでハイドパークのベンチに座っていたら、子供たちがシャボン玉を飛ばして遊んでいた。その風景を見ているうちにメロディーが浮かんできて、もう少し頑張ろうという気持ちになったとこの曲のエピソードを話す姿は、2度のミュージシャンとしての危機を乗り越え不死鳥のごとく蘇った大野俊三の生きざまそのものだった。

 余談だが、岐阜でTHIS BOYという音楽バーを経営している大学時代の同窓生がいる。今回のライブのことをFacebookにアップしたら、早速コメントが届いた。「大野俊三さん、きさくな人だよ!だって岐阜人だもん。数年前に話ししたことあるけど、うちの店には来た事ないですわ!岐阜のBAGUちゅうJAZZの店のマスター・猿渡さんと同級生!」。書き忘れたが、バックのメンバー紹介も丁寧だったし、自分の息子といえるくらいのベースやドラムにも丁寧にお辞儀している姿が印象的だった。

 この手のエントリーを書いていて、毎回思うことだがジャズだろうがロックだろうが、ブルースだろうが、音楽はライブが一番。そして、そのライブの様子を文章に書こうとしても本来の素晴らしさの百分の一も伝わらない。やはり生で見ましょう。ということを書きながら、次のエントリーは「私と西藤ヒロノブの出会い」というテーマでアップします。ヨロシク!!!

宮崎国際ジャズデイ主催ではないが、ライブのお知らせ

 というわけで、宮崎国際ジャズデイのホームページを再構築というか、リニューアルというか、まあ簡単にいえばここから情報発信をして来年の4月30日に向けて活性化していくという方針が決まり、会議の流れの中で担当することになりましたdrac-obといいます。なったはいいが、なんとWord Pressで構成されていて、使ったことのないソフトなのでどうも良く分からん。これまでは専属の業者の方がデザインやレイアウトをやってくれていたらしいので、トーシロのこちらが手を出すと画面はめちゃくちゃ、リンクは吹っ飛ぶ、写真の上下左右がでたらめになり、それはそれなりに初期の山下トリオのようなフリー・スタイルで面白い、などと無責任なことを言うのは、やはり僕だけで多くの良心的な実行委員から白い目で見られることは必定。それでなくても敵が多い人生を送ってきたので、これ以上の敵ができることは御免こうむりたい。

 

 さて、では何が出来るかと沈思黙考すること約30秒。出てきた答えは、自分の強みで勝負しようという当たり前だのクラッカー的結論(ここで笑えるのが昭和のテレビっ子の世代だけ、いまどきの平成ボーイズ&ガールズはなんのこっちゃと首をひねるはず)。ブログだよ、おっかさん。ブログなら、この何事にも長続きしなかった僕が10年続けてこれた。何、難しいことはない。身の回りのことで面白かったこと、頭にきたこと、感心したこと、疑問に思ったことなどを文章にして、さらに写真や動画を貼ってアップすれば、あ~ら不思議。全世界の人たちにあっという間にアピールできる。ま、これは理屈の上の話であって実際全世界の人が注目しているわけじゃないが。

 

 ブログをアップするのはいいが、記念すべき第1回投降のネタはどうするか。最初は、今年の5月末から7月まで行われた、宮崎国際ジャズデイと宮崎公立大学がタイアップして行った市民講座「ジャズとアメリカ文学入門」の話を書こうかと思ったが、全10回の、しかもそれぞれが明確なテーマを持った講座で、文学と音楽、ちょっとテストラン的にアップできる話ではない。11月20日の西藤ヒロノブのイベントの話にしようと思ったが、まだフライヤーもないので断念。そうだ、先日の会議で実行委員長がお薦めしたジャズ・ミュージシャンのライブの告知をしようと決めた。

 

 大野俊三という、そのトランぺッターは恥ずかしながら知らなかった。しかし、キャリアを知ってクリビツテンギョウ。1974年にアート・ブレイキーに誘われニュー・ヨークに移住。1984年度と1988年度にはグラミー賞を受賞。しかしながら好事魔多しで、88年に交通事故で唇を切り前歯を折るという不幸に合う。そこからミュージシャンとして奇跡的に立ち直ったものの、今度は第四期扁桃ガンという病魔に襲われるが、手術後の驚異的なリハビリで見事音楽かとして再生。そうか、それでイベント名が”Rebirth Phoenix”になっているのか。この闘病期はタケシの「アンビリーバボー」でも放映されたらしいが、残念ながら未見。YOU TUBEに2014年に発表したアルバムの動画があったが、ミュートの効いたトランペットの音色が印象的だった。おっとライブの日付と場所を書かねばの娘。

 

10月5日(水) 場所はニューレトロクラ
【開場】 18:30   /   【開演】 19:30

【前売】¥5,000 (プラス1ドリンク¥500)
【チケットぴあ】 Pコード:308-780

【チケット予約&お問合せ】0985-22-1588(ニューレトロクラブ)

【その他のお問合せ】092-552-3382(株式会社フォートレス)

2016/8/25実行委員会

今日は宮崎国際ジャズデイ実行委員会です!
2017年のジャズデイに向けて始動しました‼

 

web_IMG_2029 web_IMG_2026 web_IMG_2024

宮崎国際ジャズデイ2016 ユネスコ430は、無事終了しました。

宮崎国際ジャズデイ2016 ユネスコ430は、無事終了しました。

足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。
ボランティアの皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

毎年の事だけど、いろんな反省点がありますが、それでも何とかコンサートを成功させることが出来るのは、支えて下さるスポンサー様や足を運んでくださる皆さんのおかげなのです。

ありがとうございます。

反省すべきとこはきちんと反省して、良かったところは更に磨きをかけ2017年に繋いでいきますので、これからもサポートよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、アーティストの皆さん・実行委員の皆さんお疲れ様でした(^^)♪

 

 

web_2-3

2016/3/10

第18回 宮崎国際ジャズデイ 実行委員会は、

経過報告.公立大での市民講座.今後予定.チケットの販売状況報告などを話し合います。

残り約一ヶ月半、頑張って行きます!

 

12814531_785471091585716_4578650463170950780_n-1

2016/3/2

第17回 宮崎国際ジャズデイ実行委員会です!

今日はサポーターパーティーの報告と反省や、テレビ ラジオ出演の概要など、

サポーターの有り様など熱く議論してます!

 

12814462_781945808604911_2126941562016294296_n-1

2016/2/27 サポーターパティ

今回の第4回目のコンサートには、山下洋輔カルテットに寝占友里江さんがヴォーカル

サポーターの皆さんに集まっていただき、協力を仰ぐ為、コンサート+パーティーを開催
その打ち上げを「万作」で、別腹で「戸隠うどん」の山かけ*\(^o^)/*

その後、良い気分でアートセンターのストリートピアノで「サマータイム」を演奏!!

 

 

12779218_782925518506940_2442849047855649862_o12829011_782925858506906_7752480961878867187_o12795042_782925565173602_2033073316212836759_o12771692_782925591840266_534296947658504748_o12829303_782925585173600_8562037370287139027_o12829460_782925641840261_7583806616173470428_o12783625_782925991840226_2900481605786351652_o12794674_782925895173569_501704081956397475_o12778866_782925938506898_4789525917738583310_o12778873_782926061840219_4760933441185430635_o12779159_782926075173551_8504375394093914238_o12819313_782926181840207_9096563972712739586_o12819406_782926105173548_8171264377630795113_o

 

2016/02/18

第15回実行委員会です。
今日は4月30日の進行表や、プレイベントの詳細の確認です。
今年のジャズデイは、すごく盛り上がりそうです‼

 

12798858_781945851938240_2871752563383351615_n 12814462_781945808604911_2126941562016294296_n-1

2016.2.13

2016.2.13
第4回宮崎ジャズデイの
2月27日にサポータパティを行います。
コンサートが終わった後、軽食を用意します。
4月30日の「宮崎ジャズデイ2016」を成功させましょう!!
会費3000円ですが、
自由席3000円か指定席4000円・学生券1500円の
ticketがあれば無料になります。
完全予約制です!!
お早めに!!100名限定です。

 

mjd2016_pre_03

2016.2.13

第4回宮崎国際ジャズデイの
チラシができました。
ticketを販売を、いよいよはじめます。
今回は指定席があります。

*outlineB2ポスタージャズデイ20160215 cs5_outlineジャズデイチラシ20160205mjd2016_ticket_02mjd2016_ticket_03

 

Home

Return to page top